今やBtoBに欠かせない!マーケティングオートメーションの実情

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーション(MA)は、定型的な業務や複雑な作業を、自動化によって効率を高める仕組みのことです。従来は人手によって行われていた繰り返し作業などが、この仕組みによって大幅に解消できます。それによって膨大なコストや時間の削減が図られ、経営の効率化に大きく寄与します。具体的にはシステムやソフトウェアとして構築されるもので、主にBtoBの領域に属するものです。BtoBビジネスは営業担当が主たる担い手でしたが、MAの手法が取り入れられることで、商談などのプロセスなどが簡略化されるようになりました。

MAがBtoBに導入されはじめた理由

MAがBtoBに導入されはじめたきっかけは、従来型の顧客開拓手法が限界に近づいたからです。ネット社会の進展で、顧客企業は容易に情報収集できるようになりました。それまでの企業はベンダー等を経由して、必要な情報を集めていました。それが今やベンダーにコンタクトする段階で、殆どの顧客は検討段階を終えているのが実情です。加えて企業の検討プロセスに関しても、トップダウン型からボトムアップ型へ移り変わっています。現場に商材導入の権限が移譲されるので、トップへのアプローチだけでは対応できなくなりつつあります。

クラウド名刺管理システム

クラウド型社会の到来は、企業の情報管理能力を格段に向上させました。従来のBtoB企業においては顧客企業の情報管理をしていたものの、一元管理するまでには至りませんでした。例えば名刺情報などは、営業担当者が個々に握っているだけでした。今はMAの一種であるクラウド名刺管理システムの登場で、全ての名刺情報が一元管理できるようになっています。これが企業間ネットワークの構築を実現させ、新たなビジネスチャンスの発掘に寄与しています。

マーケティングオートメーションは費用だけで選ぶと失敗します。自身が必要とする機能や使いやすいユーザーインターフェースか否かをしっかりと見極めて選びましょう。