流出防止!オンライン上でプライバシーな情報を守るコツ3つ

SNSは最も注意して活用しよう

数あるインターネット上のコンテンツの中でも、最も注意するべきはやはりSNSです。自分の画像や個人情報特定に繋がるような情報を挙げている方も多いのではないでしょうか。投稿する前に内容を確認して、この情報が自分のプライバシーな情報を含んでいないかを再チェックしてみましょう。芸能人でもないのに自意識過剰なのでは、と思われるかもしれませんが、いつ誰が自分の情報を集めるかわかりません。不特定多数の人に注目されなくても、一人自分のことを調べようとしている人がいればその時点でSNSは個人情報の宝庫になりかねないのです。

パスワード生成ツールなどを利用しよう

会員登録などでパスワードを登録する際、つい同じパスワードを使い回している方は多いのではないでしょうか。パスワードの使い回しがバレてしまうと、そこから様々なショッピングサイトや会員制ホームページにアクセスされかねません。そこで、自動でパスワードを生成してくれるツールを使用して、生成したパスワードを紙などに書いて残しておく方法をおすすめします。この方法ならランダムなパスワードを作れますし、手間なくサイトごとに違うパスワードを用意できます。

電子メールからプライバシーを守る

迷惑メールに登録されるような電子メールは、開くだけで危険なメールが仕込まれていることもあります。また、個人情報を聞き出すべく巧妙なメールが配信されるかもしれません。見に覚えのないメールは返信しないどころか開くことすらしないこと、これが電子メールに対する接し方です。

シュレッダーは手動でハンドルを回して裁断するものから何が書かれているか分からない程にまで細かく裁断するものまで多種多様です。